【ピッコマ】「悪女カルナは小さくなりました」16話のネタバレ・あらすじなどをレポート!

この記事では「悪女カルナは小さくなりました」の16話のネタバレやあらすじなどを紹介しています。

「悪女カルナは小さくなりました」16話はカルナを襲った張本人が出てきます!

カルナを襲った人物や今後の展開が気になる人は、「悪女カルナは小さくなりました」をチェックしてみてくださいね。

「悪女カルナは小さくなりました」16話のネタバレを紹介!

この章では「悪女カルナは小さくなりました」の16話のあらすじやネタバレを紹介します。

特に読んでみて欲しい特徴的なシーンをまとめていますので、「悪女カルナは小さくなりました」の内容が気になる人は読んでみて下さいね。

マカレナ伯爵の考察

マカレナ伯爵は、幼児の姿のカルナのことを考えていた。

カルナがマカレナ伯爵に殺されるだろうと、時間を戻す薬を用意していたとは、と。

平民のカルナだが血筋は争えないようだとマカレナは言う。

マカレナはルシオンに命じた。

バイゲルドを監視すること、そして魔法使いの捜索を続けること。

ルシオンは新しい知らせが入ったら伝えるといったのだが‥?

マカレナ伯爵とルシオンの関係

マカレナ伯爵は、カルナに関する後始末が終わったら、クレインの補佐をルシオンに任せようと考えていた。

残念がるマカレナ伯爵に、ルシオンが言う。

最後まで計画通りに自分に処理を任せていれば、マカレナ伯爵が巻き込まれることは無かったのにと。

マカレナ伯爵はルシオンに謝罪した。

そして処理に関する全ての権限をルシオンに渡すようにして‥?

ルシオンはクレイエンについて考える

マカレナは、クレンエンが戻ってくるまでに処理を終わらせるようにルシオンに念を押す。

ルシオンは書斎に戻ってきたのだが、執事が来ていたと聞かされた。

執事は予算について話があると言ったのだが、書斎に入れないことが分かると紙を残していっていた。

ルシオンは執事からの紙を受け取り書斎の中へ。

ルシオンはクレイエン令嬢の居場所を考えていた。

実はクレイエンという名前を知らなかったのだ。

カルナがクレイエンの代役をしていたことも知る由もない。

クレイエンは子供の頃、自分勝手で無知でわがままで、なぜかルシオンに執着していて‥?

「悪女カルナは小さくなりました」16話を読んだ感想!

「悪女カルナは小さくなりました」の16話は、カルナを襲ったマカレナ伯爵が登場します。

実はカルナを差す予定だったのはルシオンでした。

ルシオンではなくマカレナ伯爵が出てきたことで展開が変わったんですね。

ですがマカレナ伯爵にはカルナが子供の姿に戻っていることがバレています。

魔法の薬を作った魔法使いを探し出そうとするマカレナ伯爵。

そしてルシオンの今後の行動が気になりますね。

本当の姿がバレているカルナはどうなってしまうのでしょうか?

17話の展開がとっても気になる終わり方でした。

「悪女カルナは小さくなりました」16話のネタバレについてまとめ

この記事のまとめ

  • 「悪女カルナは小さくなりました」はピッコマで読もう
  • 「悪女カルナは小さくなりました」はネット上の評判が良い
  • 「悪女カルナは小さくなりました」16話はマカレナ伯爵の企みの話だった

以上のような内容をお届けしました。

「悪女カルナは小さくなりました」は読んだ人からの評判が良い作品です。

ピッコマを利用して読むのが一番おすすめですよ。

なお、「悪女カルナは小さくなりました」の登場人物や全話のネタバレは別の記事に掲載しています。

良かったらそちらも確認してみて下さいね。